交通事故の被害者になったときはまず弁護士の相談!

現在では、飲酒運転やよそ見運転の自動車に巻き込まれ、自分に落ち度がなくても交通事故の被害に遭うことも珍しくはなくなっています。

交通事故の被害者になったときには、当然、怪我の治療費や慰謝料を加害者側に支払ってもらうことになるわけですが、こうした損害賠償金についての話し合いは示談交渉の場で行なうことになります。


示談交渉はほとんどの場合、被害者側と加害者が加入している自動車保険の保険会社との間で実施されますが、保険会社は被害者の心情に配慮し、公平な視点で治療費や慰謝料を算出しているように装いながらも、実際には被害者に納得してもらえるギリギリのラインの賠償額を提示してきます。

All About情報を、皆様へ配信するサイトです。

これは保険会社は加害者に代わって治療費や慰謝料を支払う立場であるためで、当然、賠償額が大きくなればなるほど保険会社の利益が減少するわけですから当然のことといえるでしょう。



交通事故の被害者の多くは法律や損害賠償についての知識を持っていないので、自分で示談交渉に臨むと腑に落ちないことがあっても結局は保険会社の提示した額で納得せざるを得なくなります。このように保険会社のいいなりにならずにより多くの賠償金を支払ってもらうには、交通事故の被害者になったら早急に信頼のおける弁護士に相談し、示談交渉を依頼するのがお勧めです。


法律の専門家である弁護士ならば、保険会社が提示する示談案の問題点を法的根拠に基づいて的確に指摘し、よりよい条件で交渉をまとめることも可能なので、被害者は安心して怪我の治療に専念することができます。

本当の交通事故の弁護士は絶大な支持を受けています。

ただし、交通事故の示談交渉では、保険会社と少しでも良い条件で折り合いを付けるために、交渉能力の高さが要求されるので、事前にインターネットなどでリサーチして示談交渉の実績豊富な弁護士に相談することが大切です。